Blog

【🍓農家が教える美味しい苺の見分け方】1-鮮度

最近ちょいちょい、美味しいいちごの見分け方のお話しを求められる事が多くなってまいりました。(ここ数年はほぼ毎年、2~5月にdee roomsさんにて実際のいちごを見ながらの講座と、いちごジャムの作り方教室させていただいております。)

ということで、ちっちゃな頃からイチゴ食べ放題の家に育ってきたわたくしが、甘くて美味しいいちごの見分け方を何回かに分けてご紹介して参ります~!

みなさまあまりご存じないかと思いますが、

鮮度の高いいちごは糖度が最高⤴

 

なのです!ということでまず1回目では、鮮度の見極め方についてご説明していきます。

いちごは、収穫後1日ごとに糖度が1~2度落ちていきます。なのでなるべく新鮮なものを選ぶと、甘い確率が高い、ということになります。

そう、いちごには追熟がないのです!でも、赤い果肉は収穫後もどんどん赤くなっていくので、「追熟している」と勘違いする方も多いです……見た目はよくなるので、お菓子作りなさる方なら置いたほうがいいかもしれません。

果肉の赤色も、かなり日にちを置けば水分等が抜けてなんだか新鮮じゃなさそうな見た目になるのですが、果肉で判断がつかないときはヘタがピーンとみずみずしいものを選ぶと、新鮮ないちごを選べますよ。

収穫後4日の苺

ヘタがなんとなくパサついているのがわかりますか?

また、果肉もすこしぐじゅってなってますね。

 

今とったばっかりの苺

今とったばっかりの苺

どこをとってもみずみずしいですね。

 

 

まとめ:いちごは鮮度が高いものを選ぶと甘い!

ご参考になさっていただけると嬉しいです♡

次回は熟度について書きまーす!

 

→🍓農家が教える美味しい苺の見分け方の②へ飛ぶ



最新情報は公式Facebookページでお知らせしています→西岡産業公式Facebookページへ

西岡産業の商品お買い求めはこちらから→ショッピングページへ

関連記事

ページ上部へ戻る