ブログ

2016年03月18日の日記

いま、この土耕のハウスは3番果の終わりを迎えており、まばらにしか実がなってません。

通常ならばコロコロのついた農業用のイスに座り、収穫かご(モロブタ)を膝に乗せて足で蹴りすすみながら収穫するのですが、そんなの面倒なくらいしか苺がないので、中腰〜しゃがむのを繰り返しつつ、収穫してます。

とても修行になり、気のせいか膝から崩壊のプロローグ(曲げ伸ばすたびにちょっと痛い)が流れてきました。

ということで、俺得でしかありませんが、いかに膝と腰に負担をかけないかを研究してみました。

少し膝をまげ、背筋は伸ばしきらず曲げ切らずくらいの姿勢で、しゃがまず進む……つまり、腰のまがったおばあちゃんの構えで採りすすむのが1番負担が少ないようでした。

【阿波弁訳】
いま、この土耕のハウスは3番果のしまいがきとうけん、ぼつぼつしか実がなっとれへん。
ツネならコロコロついとう農業用のうまぃこしかけて、収穫かご(モロブタ)つぶしに乗して足で蹴まくりもっていって収穫しよんやけど、ほんなんたいそなくらいしか苺ないけん、中腰〜つくなむんをしてしてしもって、収穫しよるんよ。
えらい修行になってもて、気のせいかつぶしから崩壊のプロローグ(曲げ伸ばすごとちょいちょいこわる)が流れてきょった。
ほんでほんでよ、俺得しかないんやけど、どんだけつぶしと腰に負担をかけんとやるかを研究してみたじょー。
ちょいちょいつぶしまげーして、背筋は伸ばしきらんで曲げ切らんくらいの姿勢で、つくなまんといく……ほれほなけん、腰えがんどうおばあちゃんの構えで採りよるのんが1番しんどうなかったわよ。



最新情報は公式Facebookページでお知らせしています→西岡産業公式Facebookページへ

西岡産業の商品お買い求めはこちらから→ショッピングページへ

関連記事

ページ上部へ戻る